年商10億円の歌舞伎町・女社長が語る成功哲学「イバラの道を突っ込んでいくと、“神様”が現れる」

日刊SPA! / 2017年12月11日 8時55分

こんにちは、内野彩華(うちのあやか)です。 新宿・歌舞伎町にキャバクラを4店舗、銀座にクラブを2店舗経営する、年商10億円の歌舞伎町の女社長。そんな私が野心の大切さを説く、この連載。第9回は「イバラの道を突っ込んでいくと、突如“神様”が現れる」というお話です。 私は特定の宗教を信じているわけではありません。けれども、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング