虎ノ門で40年以上ラーメン屋台を引く74歳店主「娘には秘密にしていた」

日刊SPA! / 2017年12月11日 15時52分

かつて日本においてその存在はごく一般的であった屋台。夜ごとリヤカーを引くその形態は庶民に親しまれ、チャルメラの音に懐かしさを感じる人も多い。しかし、この数十年で激減した東京の屋台は今や絶滅の危機に瀕し、数を正確に知る者もいないという。迫る’20年の東京五輪に向けて、屋台文化消滅の危機感を抱いたSPA!取材班は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング