写真

虎ノ門駅地上階出口そば。営業時間は、平日の20時半頃から。深夜2時半頃からは銀座に場所を移して営業する。「屋台がいいのは好きに休めることかな。サボりすぎてお金がなくなったら、また屋台を引くんだよ」(久保さん)

かつて日本においてその存在はごく一般的であった屋台。夜ごとリヤカーを引くその形態は庶民に親しまれ、チャルメラの音に懐かしさを感じる人も多い。しかし、この数十年で激減した東京の屋台は今や絶滅の危機に瀕し、数を正確に知る者もいないという。迫る’20年の東京五輪に向けて、屋台文化消滅の危機感を抱いたSPA!取材班は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング