40代社員は苦難の連続!? 10年後に待ち受ける高い壁とは

日刊SPA! / 2018年7月16日 8時32分

年金の支給開始年齢の引き上げをにらんで、サラリーマンの定年が60歳から65歳へと引き上げられる過渡期にある現在。しかし、ほんの30年ほど前までは「55歳定年」が主流だった。そんな「55歳」というボーダーラインは、今日では見えざる壁となって現役サラリーマンの前に立ちふさがっている。例えば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング