秋篠宮家バッシングは陰謀か?「愛子天皇」待望論者のカンちがい/倉山満

日刊SPA! / 2019年5月27日 8時30分

―連載「倉山満の言論ストロングスタイル」― ◆皇室を考える大原則は三つ。先例、男系、直系だ。この順番を間違えてはならない 明治以来、改元の年には政変がある。既に、不穏な空気が漂っている。 日本が日本であるとはどういうことか。皇室が存在することである。公称2679年、一度も途切れることなく皇室は存在してきた。昨日と同じ今日を続けてきた。これを明日も続けるかどうか。13歳の少年にのしかかっている。命の危険にさらされながら。 新帝践祚直前の4月26日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング