まだ間に合う五輪関連株、スポーツパブ運営企業を狙え

日刊SPA! / 2019年10月18日 8時50分

インバウンド需要を中心に最後のビジネスチャンスとして期待がかかる東京五輪。しかし、主たる投資や副業はやり尽くされているうえ、開催まで1年を切った今では、準備期間も限られる。そこでまだ間に合う、駆け込み錬金術を探った! ◆機内食や空港レストラン、スポーツパブ運営企業を狙う五輪関連株 ●初期費用62万円→予想収入120万円 投資家たちの注目を集めてきた五輪関連株。今から参入するのはもう手遅れ……と思ってしまいがちだが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング