写真

新型のコロナウイルスが原因とみられる肺炎などへの対策のため、機器で入国者の体温を測定する成田空港の検疫所

中国・湖北省武漢市にある華南海鮮市場が“発生源”とされる「新型コロナウイルス」が猛威を振るっている。1月20日現在、武漢市の衛生当局が発表した最新の感染被害は、発症者198人、うち死亡者3人。現地報道によると北京市や広東省にも広がっており、国外でもすでに2人の感染が報告されているタイをはじめ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング