写真

<神・広>お立ち台でガッツポーズする(右から)梅野、メッセンジャー、糸原

◇セ・リーグ阪神2―1広島(2017年7月17日甲子園)これがエースの意地だ。先発した阪神・メッセンジャーは毎回のように走者を許す投球を強いられながらも128球の力投で6回4安打1失点にまとめ、リーグトップタイの9勝目を挙げた。「もっと少ない球数で、長いイニングを投げたかったけど、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング