大リーグ機構 キンズラーに罰金処分 「別の仕事探せ」と審判批判

スポニチアネックス / 2017年8月22日 9時30分

米国のESPNは21日、審判員を批判したタイガースのイアン・キンズラー内野手(35)に対し、大リーグ機構が1万ドル(約108万円)の罰金を科したと報じた。キンズラーは14日のレンジャーズ戦で投球の判定に抗議。ヘルナンデス球審から退場処分を言い渡されると、試合後に「彼は別の仕事を探す必要がある。野球という競技を台無しにしている」と同球審を批判した。19日の試合では審判員がキンズラーに処分が科されないことへの抗議の意味で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング