清宮「厳しい世界でやっていけるのかな」プロへ不安も吐露

スポニチアネックス / 2017年9月22日 13時26分

高校通算111本塁打を記録した早実の清宮幸太郎内野手(3年)が22日、東京都内で会見し、プロ志望届を出すことを表明。決断の理由について「昔からの憧れでしたし、より高いレベルでプレーしたいと思いました」と話した。【清宮と一問一答2】―厳しく指導してくれる、成長できる球団に行きたいと言っていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング