ロッテ 井口に新監督就任要請 本人は受諾前向き「光栄」

スポニチアネックス / 2017年9月24日 7時1分

ロッテが次期監督として、日米通算2252安打を記録し、今季限りで現役を引退する井口資仁内野手(42)に就任を要請したことが23日、分かった。8月に伊東勤監督(55)が成績不振を理由に今季限りでの辞任を表明。後任に井口が最有力候補に挙がっていた。受諾すれば、大リーグを経験した初めての日本人監督が誕生する。次期監督として、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング