写真

JOCの山下泰裕選手強化本部長

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕選手強化本部長は12日、が都内で講演を行い、来年2月の平昌冬季五輪での獲得メダル目標を「金複数個を含む9個」であることを公表した。複数の金獲得が実現すれば、金5を含めて過去最多の10個のメダルを得た1998年長野五輪以来となる。前回2014年のソチ五輪は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング