小池氏の取材対応変更に違和感、“選挙ファースト”にならないか

スポニチアネックス / 2017年10月17日 10時43分

東京都の小池百合子知事が13日の定例会見から、都知事と希望の党代表としての取材対応を変更した。当日は衆院選の公示後初めての定例会見だった。開始に先立って、都職員が「都知事としての会見なので政党代表としての質問は控えてほしい」と事前アナウンスがあり、記者クラブ側からも政党代表としての取材は退庁時に応じるとの連絡があった。希望の旗揚げ以降、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング