【ドラフト連載】熊本工・山口翔 火の国から新風吹かせる152キロ腕

スポニチアネックス / 2017年10月22日 9時27分

【プロ野球ドラフト】26日のプロ野球ドラフト会議まであと4日に迫ってきた。指名を待つ選手たちの表情を5回連載で紹介する。大きく羽ばたけ――。その願いを込め「翔」と名付けられた。運命の日を前に「毎日気になるし、待ち遠しい。緊張、不安もあるけど、楽しみ」と胸を高鳴らせている。最速152キロの直球が最大の売りだ。今春センバツは初戦の智弁学園(奈良)戦で完投するも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング