カーリング女子世界戦切符 最終エンドで藤沢が“決めた”

スポニチアネックス / 2017年11月9日 7時1分

カーリングのパシフィック・アジア選手権第7日は8日、オーストラリアのエリナで行われ、女子準決勝で平昌冬季五輪代表のLS北見が中国を6―5で破り、3位以内に与えられる来春の世界選手権の出場枠を獲得した。9日の決勝で韓国と対戦する。世界選手権には、五輪代表が参加しない来年の日本選手権の優勝チームが出場する。4―5で迎えた有利な後攻の第9エンド。複数得点で逆転の筋書きは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング