藤井聡太四段、羽生超え最年少50勝「節目の数字、感慨深い」

スポニチアネックス / 2017年11月22日 5時33分

将棋の最年少プロ、藤井聡太四段(15)が21日、大阪市内の関西将棋会館で行われた王座戦1次予選で平藤真吾七段(54)と対局し、126手で勝利。昨年12月24日のデビューから1年を前に早くも公式戦50勝に到達した。途中まで苦しい展開だったが、終盤に鮮やかに逆転しそのまま寄せきった。終局後は勝利数について「知ってました。一局一局積み上げてきたのが節目(せつもく)の数字になって感慨深い」と振り返った。聞き慣れない「せつもく」という言葉が飛び出し「えっ?」と聞き直す報道陣もいた。通算成績は50勝6敗となった(未放映のテレビ対局を除く)。プロデビューから333日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング