宇野SP2位 逆転V圏、転倒も小差 フリーは「楽しみたい」

スポニチアネックス / 2017年12月8日 7時1分

◇フィギュアスケートGPファイナル第1日(2017年12月7日名古屋市ガイシプラザ)男子ショートプログラム(SP)が行われ、初優勝を狙う宇野昌磨(19=トヨタ自動車)は101・51点で2位発進した。トリプルアクセル(3回転半)で転倒もあったが、1位と1・81点差の好位置につけた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング