【船木和喜の目】沙羅 頭1つ分、前に出て空中姿勢が良い時に戻った

スポニチアネックス / 2018年1月13日 8時21分

◇ノルディックスキーW杯ジャンプ女子個人第5戦予選(2018年1月12日札幌市宮の森、ヒルサイズ=HS100メートル)高梨は空中姿勢の修正ができていると感じた。昨年の夏頃やシーズンインした後のW杯のジャンプと比べると、流れの中で頭が1つ分、前に出ている。以前は高さを求めるばかりで体が前に倒れていかなかった。空中で固定されて張り付いたまま、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング