尾川堅一 王座決定戦前にドーピング検査で陽性反応

スポニチアネックス / 2018年1月19日 20時58分

ボクシングの帝拳ジムは19日、IBF世界スーパーフェザー級王者・尾川堅一(29=帝拳)が王座を獲得した昨年12月9日の同王座決定戦(米ネバダ州ラスベガス)前のドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。試合を管理するネバダ州コミッションから報告を受けたもので、同コミッションが1カ月以内に会議を開いて原因を究明するとしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング