元サッカー日本代表の保坂司氏が死去 80歳 東京五輪メンバー

スポニチアネックス / 2018年1月23日 20時6分

サッカー元日本代表の保坂司(ほさか・つかさ)氏が21日午後0時34分、肺炎のため、山梨県甲府市内の病院で死去した。80歳だった。日本サッカー協会が23日、発表した。保坂氏は1937年3月3日生まれ。甲府一高、明治大を経て古河電工、甲府クラブでGKとしてプレー。1964年の東京五輪メンバーに選出されるなど代表戦49試合(国際Aマッチ19試合)に出場した。通夜は26日午後6時、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング