サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、各地で1次リーグが行われ、4年ぶりの出場となったG組のC大阪がアウェーで済州に1―0で勝利。日本勢4クラブで唯一の白星発進となった。H組の鹿島はホームで上海申花と1―1で引き分けた。前半から高いポゼッション率で試合を支配したC大阪だったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング