竹内智香、悔しさと充実感 金メダル目指した4年間「幸せな時間だった」

スポニチアネックス / 2018年2月24日 15時34分

平昌五輪は24日、スノーボード女子パラレル大回転の決勝トーナメント準々決勝が行われ、ソチ五輪銀メダリストの竹内智香(34=広島ガス)はセリナ・イエルク(30=ドイツ)に敗れ、準決勝に進めず。2大会連続となるメダル獲得はならなかった。午前の予選を6位で通過した竹内。1発勝負の決勝トーナメント1回戦でユリア・デュモビッツ(30=オーストリア)を撃破して臨んだ準々決勝は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング