女子日本代表、北朝鮮にストレート勝ちし決勝進出 卓球団体W杯

スポニチアネックス / 2018年2月24日 20時49分

◇卓球W杯団体戦準決勝日本3―0北朝鮮(2018年2月24日ロンドン)卓球のW杯団体戦は24日、ロンドンで準決勝を行い、女子日本代表は北朝鮮を3―0のストレートで下し、決勝進出を果たした。初戦のダブルスで伊藤美誠(17)、早田ひな組(17)がチャ・ヒョシム、キム・ナムヘ組に3―0、続く第2試合では日本のエース、石川佳純(25)がリオ五輪銅メダリストのキム・ソンイ(23)に3―0と連続でストレート勝ちを収めると、第3試合でも早田がチャを3―1で下し、北朝鮮に3連勝して決勝進出を決めた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング