相撲協会、29日理事会で貴親方の処分検討も 貴公俊の監督責任議題に

スポニチアネックス / 2018年3月19日 10時55分

大相撲の新十両・貴公俊が付け人を暴行した問題で、師匠の貴乃花親方は19日、日本相撲協会の役員室を訪れて事情説明した。その後、春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)が会見し、29日の理事会で師匠の貴乃花親方の処分を検討する可能性を示唆した。以下、春日野広報部長との一問一答。――貴乃花親方が引き揚げる時に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング