高田明社長、J1長崎“再生”の裏側語る 3億円赤字が売上25億円

スポニチアネックス / 2018年5月20日 20時53分

サッカーJ1、V・ファーレン長崎の高田明社長(69)が20日、TBS「坂上&指原のつぶれない店」(日曜後7・00)に出演。3億円超の赤字を抱えていたクラブの立て直しに成功した秘密を語った。通信販売会社「ジャパネットたかた」の社長を退き、17年4月に地元・長崎の社長に就任した高田氏。就任前のクラブは累積赤字3億円以上を抱えていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング