ヤクルト 青木が退場、ハーフスイング判定めぐり審判に暴言

スポニチアネックス / 2018年6月19日 21時17分

◇交流戦ヤクルト―ソフトバンク(2018年6月19日神宮)ヤクルトの青木が7回の第4打席でハーフスイングの判定を巡って審判に暴言を吐き退場処分となった。1点リードで迎えた7回1死二塁の場面、青木はフルカウントからソフトバンク・加治屋の7球目をスイングにいったが途中で止めにいった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング