肘は初めて…千代の国「ボキボキっ、バキっと音がした」

スポニチアネックス / 2018年7月19日 20時29分

◇大相撲名古屋場所12日目(2018年7月19日愛知・ドルフィンズアリーナ)痛い痛い黒星だ。平幕・千代の国(28=九重部屋)が、怪力の玉鷲の小手投げをまともにくらって悶絶した。左肘から「ボキボキっ、バキっと音がした」と振り返り、支度部屋では氷を当てて包帯を巻いた。数多くのケガがを経験してきたが「肘は初めて」と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング