スポーツ界と熱中症 過去の悲劇に学ぶ予防策と危機意識の持ち方 暑い夏を乗り切ろう!

スポニチアネックス / 2018年7月20日 9時31分

【高柳昌弥のスポーツ・イン・USA】コーリー・ストリンガーはNFLバインキングスの有望なオフェンス・タックルだった。1995年のドラフトで1巡目(全体24番目)に指名された1メートル93、157キロの巨漢選手。しかし彼の人生は2001年8月1日に幕を閉じた。その前日、彼はミネソタ州南部のマンケイトーで行われていたチームのサマーキャンプに参加していた。その日はフル装備(重量は約20キロ)でのメニューも消化。しかし突然、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング