バスケ不祥事 4選手の所属チームが謝罪「軽率な行動。心よりお詫び」

スポニチアネックス / 2018年8月20日 14時3分

ジャカルタ・アジア大会のバスケットボール男子日本代表が公式ウエアで市内の歓楽街を訪れた問題で、日本代表資格をはく奪され、強制帰国させられた4選手が所属するBリーグの各チームが20日、それぞれコメントを発表した。橋本拓哉(23)が所属する大阪エヴェッサの代表取締役の安井直樹氏は「アジア競技大会に日本代表選手として参加していた弊クラブ所属の橋本拓哉選手が活動中に非常に軽率な行動をしてしまったことについて、誠に残念でなりません」とし、「日本オリンピック委員会、日本バスケットボール協会ならびにBリーグ、そして日頃より大阪エヴェッサをご支援ご声援いただいているパートナー企業の皆さま、関係者の皆さま、そし…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング