大阪桐蔭ドラ1候補の根尾 3度目胴上げ投手名乗り スキーに未練なし

スポニチアネックス / 2018年8月21日 8時1分

◇第100回全国高校野球選手権大会準決勝大阪桐蔭5―2済美(2018年8月20日甲子園)主役は決勝打の石川に譲ったが、今秋ドラフト1位候補の根尾昂内野手(3年)は好守と2安打でチームを支えた。決勝進出を決めると、晴れやかな表情で校歌を歌った。決勝では、戦後初となる3度目の胴上げ投手に期待が集まる。昨春と今春の選抜大会で史上初となる2年連続の胴上げ投手に輝いた、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング