稀勢 流血気づかず必死寄り切り、29年ぶり3横綱4連勝発進

スポニチアネックス / 2018年9月13日 7時3分

◇大相撲秋場所4日目○稀勢の里-魁聖●(2018年9月12日両国国技館)進退を懸けて土俵に上がっている横綱・稀勢の里が流血しながらも無傷の4連勝とした。平幕・魁聖に先に両まわしを許すなど苦しんだが、辛抱して有利な体勢に持ち込み、58秒8という長い相撲の末に寄り切った。白鵬は千代大龍を上手投げで下し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング