高梨沙羅、ノーモア時差ぼけ アプリで食事、睡眠などを管理

スポニチアネックス / 2018年9月14日 14時4分

ノルディックスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅(21=クラレ)に心強い味方が増えた。14日、都内で行われた「時差ボケ調整アプリ」の発表会見に出席。海外転戦の多い高梨は「時差ぼけはなかなか克服できない課題。アプリでアドバイスをもらいたい」とITの力も借りてさらなる好成績を目指す。アプリは全日空が「乗ると元気になるヒコーキ」プロジェクト第1弾として発表。機内や出国前、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング