プリスコバ 完全アウェーの大坂戦に「もっとひどい環境を知っている」

スポニチアネックス / 2018年9月22日 16時55分

世界ランキング8位で第4シードのKa.プリスコバ(チェコ)が3戦連続のフルセット勝ちで決勝に駒を進めた。世界45位のベキッチ(クロアチア)に6―2、4―6、6―3で勝利。「集中力が切れて足に疲れも出たが立て直すことができた」と第3セットで際どい試合を振り返った。今大会の試合時間は7時間ちょうど。全てストレート勝ちで4時間足らずの大坂とは大きな開きがある。「決勝だからここまでの疲れを全て忘れて戦う。全てを注ぎ込む」と意気込んだ。大坂とは1勝1敗で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング