写真

<フィギュアNHK杯第1日>女子SPの演技をする宮原知子(撮影・小海途 良幹)

◇フィギュアスケートGPシリーズ第4戦・NHK杯(2018年11月9日広島県立総合体育館)女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪4位の宮原知子(関大)は、自己ベストの76・08点をマークして2位発進した。完璧な演技を披露し、スケートアメリカでマークした73・86点を更新。「さらに点数を伸ばすことができて嬉しい」。スケートアメリカでは最後の3回転ジャンプがフリップだったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング