稀勢“惨”連敗…横綱として26年10カ月ぶり屈辱で休場も

スポニチアネックス / 2018年11月14日 7時1分

◇大相撲九州場所3日目(2018年11月13日福岡国際センター)一人横綱の稀勢の里が窮地に立たされた。平幕・北勝富士に左差しを完封され、突き落としで敗れた。横綱の初日からの3連敗は15日制となった1949年夏場所以降で7度目。稀勢の里自身は小結だった09年初場所以来、9年10カ月ぶりの3連敗スタートとなった。初日から全く自分の形に持ち込めず、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング