“奈良判定”じゃない!森坂嵐 ライト級3連覇達成、奈良朱雀高出身「絶対に負けられない試合だった」

スポニチアネックス / 2018年11月18日 17時48分

2019年茨城国体のリハーサル大会を兼ねた第88回全日本ボクシング選手権最終日は18日、茨城・城里町の水戸桜ノ牧高常北校で8階級の決勝が行われ、ライト級ではリオデジャネイロ五輪代表の森坂嵐(東京農大)が藤田健児(自衛隊体育学校)を判定3―2で下し、同階級3連覇を達成。バンタム級を制した2015年から4年連続となる優勝を飾った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング