【加茂周 視点】お見事!浦和の守備陣 完璧に機能したジャーメイン封じ

スポニチアネックス / 2018年12月10日 9時1分

◇天皇杯決勝浦和1―0仙台(2018年12月9日埼玉)浦和の勝因は、守備が完璧に機能したことだろう。槙野、阿部、岩波のDF3人が全く崩れず、仙台のポイントゲッターのジャーメインに仕事をさせなかった。前線でもFW興梠が忠実に守備をして、仙台の攻撃をスローダウンさせ、味方の陣形を整える時間をつくった。オリヴェイラ監督が就任してリーグ戦でも徐々に守備が整ってきていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング