内田雅也が行く 猛虎の地<11>新大阪駅プラットホーム

スポニチアネックス / 2018年12月14日 8時31分

◇田淵の目に映った「玄関口」の変化国鉄(現JR)の新大阪駅は、東京五輪開幕に合わせて開通した東海道新幹線の終点として1964(昭和39)年10月1日に開業した。大阪駅から北へ3・8キロ。文字通り新しい大阪駅の玄関口だった。周辺は住宅も少なく高層ビルなどない。のどかな雰囲気だった。田淵幸一(72=スポニチ本紙評論家)が阪神時代の思い出として残るのは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング