写真

プロ転向を表明したバドミントン女子シングルスの奥原

リオ五輪のバドミントン女子シングルスで銅メダルを獲得した奥原希望(23)が27日、都内で会見を行い1月から化学メーカー「太陽ホールディングス」と2年のスポンサー契約を結びプロ転向することを発表した。「東京五輪へ全てをささげたい」。異例の決断に決意をにじませた。今季、年間250日以上の代表活動をこなした奥原は右肩や両膝に古傷を持つ。今年まではリーグ戦なども出場していたが個人活動専念で空く時間を休養や個人練習に充てることができる。都内の体育館を拠点としリオ五輪の女子コーチで現在はNTT東日本の佐藤翔治コーチ(36)の指導を受ける予定。同チームに所属する桃田賢斗(24)と合同練習が実現する可能性があ… [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング