FW大迫、GK東口は別メニュー調整続く ウズベキスタン戦は欠場へ

スポニチアネックス / 2019年1月15日 22時57分

アジア杯UAE大会に出場しているサッカー日本代表は15日、第3戦ウズベキスタン戦の会場があるアルアインで初練習を行った。冒頭15分のみが公開され、右臀部(でんぶ)痛のFW大迫、腰痛のGK東口は継続して別メニュー調整となった。ともにランニングシューズを履いての調整で、ウズベキスタン戦には出場しない見通しとなった。大迫と東口を除く選手たちは全体練習に参加。すでに1次リーグ突破を決めていることから、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング