栃ノ心 「右大腿四頭筋肉離れ」で休場 3月の春場所は2度目のカド番

スポニチアネックス / 2019年1月17日 14時43分

◇大相撲初場所5日目(2019年1月17日両国国技館)大関・栃ノ心(31=春日野部屋)が初場所5日目の17日、日本相撲協会に「右大腿四頭筋肉離れで約3週間の安静加療を要する」との診断書を提出して休場した。栃ノ心は病院から都内の所属部屋部屋に戻った際に「良くない。(再出場は)厳しい」と述べ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング