4年目の逆襲へ!ソフトB・純平“桑田流”たらいトレで150キロ取り戻す

スポニチアネックス / 2019年1月23日 9時16分

ソフトバンク・高橋純平投手(21)が22日、筑後市のファーム施設で自主トレを行い、キャッチボールやシャドーピッチングでフォーム固めに時間を割いた。巨人などで活躍した桑田真澄氏(50)が推奨するたらいを使った練習も取り入れ、4年目の巻き返しを誓った。このまま終わるわけにはいかない。昨季は1軍登板なしに終わった高橋純は「課題のコントロールを意識し過ぎた。まとまろうとして球速が落ちた。自分の特長を伸ばさないと埋もれてしまう。今年駄目ならクビになるつもりでやる。スピードにこだわってやりたい」と4年目のシーズンに懸ける思いを口にした。県岐阜商時代には150キロを超える直球が一番の武器だった。入団2年目に…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング