写真

<巨人紅白戦>2本目のタイムリーを放った丸は、一塁ベース上で小さくガッツポーズ(撮影・森沢裕)

巨人の中に、“丸”が浸透している。昔から猛練習が伝統とされる広島でも練習好きと位置づけられてきた丸は、新天地でもそのスタイルを崩すことはない。黙々とバットを振る。居残り特打は当たり前。ナインは「2年連続でMVPを獲った丸さんがあれだけやっている。僕たちはもっとやらないといけない」と声をそろえる。同じ左で外野の亀井は連日のアーリーワークに励んでいる。坂本勇や阿部、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング