紀平梨花は0・31点及ばず4位、演技直後の「まあ、良かった」の意味とは

スポニチアネックス / 2019年3月22日 22時26分

◇フィギュアスケート世界選手権第3日(2019年3月22日さいたまスーパーアリーナ)女子フリーが行われ、今季シニアデビューした紀平梨花(関大KFSC)は2位の152・59点をマーク。合計を223・49点としたものの、223・80点で3位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)にわずか0・31点及ばず、メダルを逃した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング