羽生結弦、復帰戦で合計300点超え!表彰台2位 チェンが323・42点で連覇

スポニチアネックス / 2019年3月23日 21時30分

フィギュアスケートの世界選手権は23日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で3位発進となった羽生結弦(24=ANA)が206・10点、合計300・97点をマーク。2年ぶり3度目の優勝はならなかったが、復帰戦で表彰台に上がった。SP首位のネーサン・チェン(米国)が216・02点で合計323・42点と世界最高得点を更新し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング