ソフトBの159キロ右腕・甲斐野の原点とは?高校、大学の恩師たちが大分析

スポニチアネックス / 2019年4月16日 8時32分

防御率0・00のルーキーは5年前まで内野手だった。ソフトバンクのドラフト1位・甲斐野央(22)がセットアッパーとして実力を発揮している。開幕戦で12球団のルーキーで一番乗りとなる白星を飾るなど、ここまで7試合に登板し、1勝6ホールドをマーク。3年連続日本一を目指し、首位を走るチームを支える159キロ右腕の原点や人柄を、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング