日本人初!桐生 アジア選手権100メートルで優勝「自分の走りに集中できている」

スポニチアネックス / 2019年4月23日 2時49分

◇陸上アジア選手権第2日(2019年4月22日ドーハ・ハリーファ国際スタジアム)注目の男子100メートル決勝は桐生祥秀(23=日本生命)が10秒10(追い風1・5メートル)で優勝し、日本人選手として初めてアジア選手権を制した。「優勝できて良かった」と満面の笑みで応えた。今季の桐生はキレキレだ。3月のオーストラリア合宿中の初戦ではいきなり10秒08をマークし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング