村上、NHK杯棄権で世界選手権アウトも前代未聞の救済案浮上

スポニチアネックス / 2019年5月18日 17時6分

体操女子の18年世界選手権個人総合銀メダリスト・村上茉愛(日体ク)が両仙腸関節症でNHK杯を棄権したことを受け、18日の競技後に日本協会の田中光・女子強化本部長が取材に応じた。今年10月の世界選手権(ドイツ)の女子日本代表の選考方法は、NHK杯の上位4人がまず代表に決定し、残り1人は6月22、23日の全日本種目別選手権(群馬)の結果も踏まえてチーム貢献度で選出するが、NHK杯12位以内という基準があり、村上の代表入りは消滅した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング