巨人VS広島 死球から一触即発、警告試合に…中島は脳しんとうの兆候なし

スポニチアネックス / 2019年5月24日 22時11分

◇セ・リーグ巨人3―8広島(2019年5月24日東京D)緊迫した場面があった。巨人が2点を追っていた7回。1死一塁で広島・一岡が投じた代打・中島への初球は、左肩を直撃した後に頭部にも当たった。中島が怒りの表情でマウンドに数歩進むと、ベンチを出た両軍の選手たちが本塁付近に集結。乱闘にはならなかったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング