朝乃山初優勝 富山出身103年ぶり、近大卒では34年ぶり

スポニチアネックス / 2019年5月26日 5時42分

◇大相撲夏場所14日目(2019年5月25日両国国技館)【朝乃山優勝アラカルト】☆富山県出身明治から大正にかけて活躍した第22代横綱・太刀山(富山市出身)以来で2人目。太刀山は優勝制度制定の1909年夏場所以降に9回優勝。最後の優勝は1916年夏場所で、朝乃山は103年ぶりの優勝。☆高砂部屋第68代横綱・朝青龍以来で12人目。朝青龍の25回目の優勝となった10年初場所以来、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング