ロッテ清田、挽回V弾!4戦連発の5号「打った瞬間に入ったと思った」

スポニチアネックス / 2019年5月26日 6時12分

◇パ・リーグロッテ4―3ソフトバンク(2019年5月25日ZOZOマリン)打球は左翼席中段まで飛んだ。1点を追う7回1死二塁。ロッテ・清田はボール気味の高めの直球を叩くと、右手を突き上げた。「打った瞬間に入ったと思った」。自身初の4試合連続本塁打。球団の日本人では、井口監督が現役時代の09年にマークして以来10年ぶりだ。しかも逆転の5号2ランだった。7試合連続で井口監督から「3番」で起用された。「僕がプロ野球選手になったときから、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング